コンセプト

TAKUMA SYSTEMは故・大野耐一先生のご指導の下、「トヨタ生産方式」による工場運営の基本精神を学びました。
そしてその手法を多くの経営者の方に実践・導入していただくことを目指しております。

トヨタ生産方式の実践・導入

1.数量管理で平準化生産の導入
2.品質管理で標準化の導入
3.人間尊重で自己啓発QCサークル導入

などが常日頃より取り組んでいるテーマです。
とりわけ平準化推進による効果は大きく上がっており、一般に生産変動の大きい業種に効果的です。

故・大野耐一先生との邂逅

「トヨタ生産方式」の導入にあたっては、トヨタ自動車工業の元副社長、大野耐一先生にご指示を頂きました。
「トヨタ生産方式」の生みの親といわれる大野耐一先生が、当時相談役に就かれておられた豊田合成の生産調査室のスタッフの皆さん(現在、新日本技術研究所の代表をされている当時の岩田室長ほか数名の方)と共に、1986年5月15日に直々に現場指導頂き、以降工場経営に多大なる薫陶を受けました。
また、大野先生の御厚意により、九州内のトヨタ生産方式実践企業の現場指導に同行させて頂き、その現場改善の精神に多大なる影響を受けました。
コンセプト コンセプト コンセプト コンセプト コンセプト

主な取り組み

工場経営の永遠のテーマ「品質」と「生産性」

現場で常に求められるもの、それは生産性の向上です。
しかし品質の伴わない生産性の向上は、顧客の信頼を得られないばかりか、現場から「物作りの喜び」まで失ってしまいます。
いかに市場から要求される品質を満たし、工場経営の永遠のテーマである生産性の向上という命題を同時に果たすか・・・。

トヨタ式管理技術に基づき現場管理者育成で全現場見直し

社員一人一人が「特に生産管理者」現場のなんたるかがわかることこそが改善の第一歩です。
人間尊重のトヨタ式では常に人を育てることからの実践導入となります。

平準化・標準化・QCサークルの現場実践導入での固定化

工場の改善は、いわゆる体質改善を行うことです。体質改善こそ儲けるにつながります。
平準化・標準化・QCサークルのできる管理者・スタッフに育てる事で儲ける工場づくりがすすみます。
トヨタ式は人に宿ります。現場に宿るわけではありません。トヨタ式の考えが社内に多く広がる事で体質となっていきます。

物作りの喜びが生む利益の創出

TAKUMA SYSTEMでは以上のコンセプトに基づいたご提案を行っております。
皆様の今後の事業活動のお手伝いをさせて頂ければ幸いです。
私どもと共に物作りの実感・喜びと利益の伴った工場経営を実践しましょう。